雲のかなた

scroll

概要

ふくしまの今を伝える歌
「雲のかなた」について

福島県では、県内外の皆さんに
「ふくしまの今」について、
興味と関心を高めていただくため、
世代や性別を問わず、メッセージを
多くの人に伝えることができる歌
「雲のかなた」を制作しました。

この「雲のかなた」は、
県民の皆さんや、本県に
心を寄せていただいている方々から
応募のあった
「ふくしまへの想い」
825通をもとに、谷村新司さんに
作詞・作曲していただき、
第9回声楽アンサンブルコンテスト
全国大会金賞受賞の
日本大学東北高等学校合唱部の皆さん
に歌っていただきました。

また、「みらいへの手紙
~この道の途中から~」の11通め
として、アニメーション化しました。

さまざまな方々の繊細な
「ふくしまへの想い」が詰まった
「雲のかなた」を、
聴いて、感じて、口ずさんで、
たくさんの人に福島県のことを
より深く知っていただければ
と思います。

福島県広報課

楽曲紹介

雲のかなた

作詞 / 
谷村新司
作曲 / 
谷村新司
編曲 / 
石坂慶彦

10年後に 空を見上げる 私を思い描こう
その時は 笑顔でいようね 自分との約束
10年後の 空を見ている その場所がここならいいね
旅のなか 帰りたくなる それがここならいいね

雨の日は 雨に打たれて
風の日は 風に吹かれて
それでも雲のかなたは
いつも蒼い空

通いなれた あの道端に 咲いている花 忘れない
ふざけあい 涙流した 君を忘れてない
離れたから 気付けることや 失くしたものもあるけれど
旅のあと 帰り着く場所 それがここならいいね

雨の日は 雨に打たれて
風の日は 風に吹かれて
それでも雲のかなたは
いつも蒼い空

AH- AH- AH- AH-

10 years after どこにいて 僕らは生きているのだろう
10 years after 未来図は この手の中にある
10 years after どこにいて 僕らは生きているのだろう
10 years after 未来図は 見上げる 蒼い空  AH

10 years after どこにいて 僕らは生きているのだろう
10 years after 未来図は この手の中にある
10 years after どこにいて 僕らは生きているのだろう
10 years after 未来図は 見上げる 蒼い空  AH

Go beyond the pain

楽曲紹介

歌詞&楽譜ダウンロード

歌詞カード歌詞カード歌詞カード

楽譜楽譜楽譜

楽曲ダウンロード

雲のかなた雲のかなた雲のかなた

雲のかなた(伴奏)雲のかなた(伴奏)雲のかなた(伴奏)

歌唱:
日本大学東北高等学校 合唱部

福島県郡山市にある日本大学付属の日本大学東北高等学校。合唱団は、平成28年に部に承認されたばかりの若い団体ですが、第9回(平成28年)声楽アンサンブルコンテスト全国大会では、金賞を受賞。女子10名・男子6名の混声合唱団です。校訓である『自主創造』を胸に、また、日大東北ならではの素敵な音楽を皆様にお届けできるような合唱団を目指し、一人ひとりが主体的になり、互いを高め合いながら活動をしています。

⾕村新司(⾳楽家/『雲のかなた』作詞・作曲)×箭内道彦(福島県クリエイティブディレクター)『雲のかなた』完成直後の
特別対談動画はこちら

オリジナル アニメーション

十一通めの手紙「雲のかなた」

その子は、両親と北の地から飛来した鳥たちを見に海辺へ行きました。そこで、傷ついた小鳥を見つけます。手当を受けた鳥はやがて群れに戻り大空に帰ってゆきます。その後、悲しい震災がこの地を襲い鳥たちが羽を休めた海辺もなくなってしまいました。成長した少年は、海辺を取り戻す活動をしながら鳥たちが戻って来るのをずっと待っています。そんなある日、大空を翔る一機のプロペラ機が現われます。その自由な姿に自身の願いを重ね夢想します。我に帰り、ふと大空を見上げるとそこには懐かしい鳥たちの姿。おかえり。

ふくしまの「想い」と「今」を、アニメーションで届けるプロジェクト OMNIBUS DOCUMENTARY ANIMATION みらいへの手紙 この道の途中からふくしまの「想い」と「今」を、アニメーションで届けるプロジェクト OMNIBUS DOCUMENTARY ANIMATION みらいへの手紙 この道の途中から

推奨ブラウザ

PC
Internet Explorer10以降
Chrome 最新版
Firefox 最新版
Safari 最新版
Microsoft Edge 最新版
スマートフォン
iOS10以降
Android5以降

このサイトでは音楽が流れます。
サウンドをONにしてお楽しみください。